イタリア観光都市 一般車両乗り入れ禁止地区 “ZTL” のご案内

イタリア国内の多くの観光都市は、旧市街・歴史地区に ZTL (Zona Traffico Limitato) と呼ばれる、タクシーなどの商業車や居住者以外の車両乗り入れを禁止している地区があります。その地区内に侵入すると、道路各所に備え付けられたカメラにて写真を撮られ、登録車以外の車両に対しては違反金が請求されます。

車両がレンタカーの場合には、取り締まり機関からレンタカー会社は運転者の連絡先の問い合わせを受けます。その際の事務手数料を、契約書に記載されたクレジットカードに後日イタリア・ハーツ社より請求させていただきます。

なお違反金の請求書は、取り締まり機関から運転者に対して直接送付されます。

 

ローマ、フィレンツェ、ミラノ、ナポリ、ボローニャ、ピサなどの代表的な観光都市をはじめ、都市の規模にかかわらず観光客の多い都市や環境に配慮した都市にはZTLが制定されているようです。訪問先の都市についてあらかじめZTLの情報を是非ご確認ください。

 

一般的なZTLの標識は下記の形態です。

 

https://images.hertz.com/offer_hertz_com/123x82/ztl.jpg